世界自然遺産白神山地

約8000年前から今も変わらず世代交代を重ねて生き続けている森

青森県と秋田県の県境にまたがる130,000haに及ぶ標高200~1250mの山岳地帯「白神山地」。その中心部のおよそ17,000haが世界自然遺産に登録されています。
白神山地は、姿を消しつつあるかつて北日本に広く分布していた冷温帯性のブナの森が途切れなく広範囲に残された貴重な山域です。この原生的な森には、500種以上の植物・イヌワシやクマゲラなど貴重な種を含む多種多様な生物を育む森林生態系が形成されています。これらが類まれな貴重な自然として認められ、日本で初めての世界自然遺産として屋久島と共に登録されました。

白神山地に現在の生態系が形成されたのは、最後の氷河期後の約8000年前。この時から変わらぬ原始日本の自然の姿を残した広大で豊かなブナの森。四季がはっきりし、明るく、副産物の生産量が多いこの森は、縄文文化を育んできたと言われています。

生態系の豊かさや、素晴らしい水源となることなどから木偏に「無」と書かれた木が主役となるこの森が広く注目されたのはごく近年の事です。未来に遺していかなければならない人類が共有する宝物として白神山地が世界遺産に登録されたのが1993年。世界が目まぐるしく変わっていく今こそ改めて私たちがこの8000年間世代を重ねてきた世界遺産の森とどうやって共生していくかが問われているのかもしれません。

世界自然遺産白神山地 世界自然遺産白神山地

白神山地の保全等についてはこちら(環境省白神山地世界遺産センターページへ移動します)

世界遺産地域への入山についてはこちら(環境省白神山地世界遺産センターページへ移動します)